1. ホーム
  2. 新着情報一覧
  3. 長久手の施設にAEDが寄贈されました。

新着情報

長久手の施設にAEDが寄贈されました。

突然の心停止を起こして倒れた方に、その場にいる一般の人でも、機械の音声に従って使うことが可能な
医療機器として知られる「AED」が、今後、ながくての施設に常備されることとなりました。
訪問型の講習会も受け、使用方法もしっかりと教わりましたが、きっと実際にその場に居合わせ、
AEDのショックボタンを押す時は、相当な勇気が必要だと思います。

今回のAEDの寄贈は、万が一の備えになっただけではなく、普段から、
防災や応急処置に対する知識と意識を持つことの大切さを考える、良いきっかけとなりました。



2020.02